代表的な美容成分~アルブチン~

アルブチンとは?
アルブチンとは、梨・コケモモ・ウワウルシなどの植物に含まれている、ハイドロキノンとブドウ糖が結合した成分のことです。
メラニン色素の生成に関わる「チロシナーゼ」の働きを抑制し、シミやソバカスを防ぐ美白効果があるとして、多くの化粧品に使用されています。
アルファ型とベータ型の2種類があり、一般的に使用されているのがベータ型ですが、作用としてはアルファ型のほうが大きく、ベータ型の10倍といわれています。

効果
アルブチンは、美白効果があるとして有名な成分です。
メラニン色素の生成に関わるチロシナーゼの働きを抑制し、シミやソバカスなどの色素沈着を予防する効果が期待できます。

安全性
アルブチンと同じ、美白成分のあるハイドロキノンと比べると、作用が緩やかで副作用が少ないとのことから、比較的安全性の高い美白成分ということができるでしょう。
しかし、ハイドロキノンのように、すでにできてしまったシミにはあまり効果がない場合があるので、その点に関しては注意が必要です。

コメントを残す